トップへ戻る

♪集中できる子ども部屋はコレで作る

TOP > お知らせ > ♪集中できる子ども部屋はコレで作る

子どもに、しっかり勉強してほしいと思うのはどこの親も一緒。

でも、現実には学習机や部屋は、マンガやキャラクターグッズでいっぱい。

注意しなければ、ゲーム三昧。

そんな子ども達も「ちゃんと勉強しよう」とスイッチが入りやすのが

新学期前の今の時期。子ども部屋片づけのチャンス到来です。

 

私が片づけに伺った小学6年女子の例で紹介しますね。

中学受験を考えているのですが、本人はさっぱり集中できない。

親御さんのイライラが爆発しそうな状態です。

子ども部屋は物で溢れていましたが、たった1箇所だけキレイに

整頓されている場所が。それは、まんが本が収まった3段のカラーBOX。

この子にとっての宝物。でも、親にしてみれば「まんがを読んでばかりで、

勉強しないので、このまんが本を捨ててください!」と。

 

高橋和子

 

子ども部屋片づけの基本は、机の上や引き出しには、勉強に関係あるもの

しか置かない。その上で、その子が大切にしている物を宝物として、

「聖域を作る整頓法」を使うと、子ども達は、片づけに協力的になります。

この聖域を作るという手法は、片づけられない大人にもよく使う方法。

1箇所だけ、聖域を作り、好きなモノを飾る。捨てられない思い出の品などを

数個だけ、ディスプレーして、あとは見えない場所にしまう。

子どもだけではなく、大人の捨てられない人にも有効な方法です。

 

大切なまんが本を捨てなくて済んだ女子小学生は、自ら進んで整理整頓を

始め勉強しやすい部屋が出来あがりました。

なにもかも取り上げるのでなく、聖域整頓で、ストレスを軽減して

勉強に集中できる環境を作ることが大切です。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 2017年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Copyright © 2015 Felicia Lab All Rights Reserved.