トップへ戻る

■突然やってきた!遺された親の家片づけ/大量の物

TOP > 親の家大人片づけ > ■突然やってきた!遺された親の家片づけ/大量の物
大人片づけインストラクターの高橋和子です。
躓きながらも親の家片づけに取り組んだ、体験記です。
病身の親であっても、まだまだ、大丈夫と思ってしまうのが、
子どもの楽観的思い込みなのかもしれません。
その思い込みには、保証がないことを知ることになるのですが…

いつもと変わらない朝。のハズでした…
ヘルパーさんから、父の家に来たが
父からの応答がないとの連絡が入りました。
取るものもとりあえず、実家に駆け付けた私が見たのは
全て施錠された家の中で、1ヶ所開いた窓から、
父の足だけが、のぞいている光景でした。
呼べど叫べど、応答がないので「たぶん亡くなっている!」
との判断の下、110番に電話しました。
知らないコトとは言え、これはNG!
どんな状態でも、最初に救急に連絡するそうです。
内鍵がかかっているので、スペアキーでは開かないことを
告げたので、救急車と共に、消防車もきました。
家の周りに赤色灯を回している救急車と消防車!
大変なことになっていたのを知ったのは、だいぶ後のことです
実家の内鍵は、救急隊員3人でドアを持ち上げたら簡単にはずれ
家の中では、父が意識不明の状態でベッドに横たわっていました
亡くなっていなかったことに、少しだけ安堵。
前日の定時連絡では、あんなに元気だったのに!
夜中に何らかの発作が起こったようでした。
もう少し注意を払っていたらと悔やまれました。

救急搬送の2日後、父は旅立って逝きました。父の顔は、母のもとに
旅立つ安堵感なのか、穏やかで満ち足りた表情でした。
突然のお別れでしたが、父の穏やかな顔が、私を救ってくれました。
父の遺体を実家に連れて帰り、その晩は、弟と二人で
供養をしました。兄弟二人だけで合うことなど無かったので、
両親の思い出を語り、両親を偲びました。
そんなしめやかな雰囲気から現実に引き戻されたのが、
葬儀後、空き家になる実家に重要書類(証券・証書・権利書・通帳・
カード・印鑑・貴金属など)
を残して置けないための
重要書類探しです。
親が病身なんだから、もしもの時に備えて、重要書類の場所くらい
聞いておけばいいのにと。これも悔やまれました。
しかし、病身の親に切り出すのは、死を想像させる様で難しく
心配性の父は、置き場所を知らせることをイヤがっていたのです。
父が亡くなった翌日から、弟と2人で重要書類探しが始まりました。
時間は、あと2日しかないのです。
実家は3階建てなので、お互いに携帯電話を持ち、私は1階から、
弟は3階から探索を始めました。
親の死をいたみたいのに、この状況は非常に悲しく
この思いを経験したことが「大人片づけ」を考えるきっかけになりました。

実際に、重要書類はほぼ探し出せましたが、結局、保険証書だけは、
出てきませんでした。
親が亡くなってから、子どもが取らなくてはいけない手続きは、
相続手続きも含め90ほどもあります。
悲しみにくれながらも、事務手続きがたくさんあることが
一層つらさを増します。
さらに、つらさを倍増させるのが、遺された親の家の片づけです。
やっと重要書類を探し出せた、安堵もつかの間親の人生を
たたむ、親の人生を総仕上げする大きな作業
が残されていることを
それがどんなに大変な事なのかを身をもって知ることになります。
遺された親の家片づけは次回紹介します
高橋和子
【お知らせ】
緊急TV&雑誌取材 親の家大人片づけミニセミナー

7/27(日)15:30-16:40
大田産業会館PIO F会議室
受講料 2000円
大人片づけ入門講座にご興味があるかた是非お越しください
詳細・お申し込みは
エグゼカレッジ表参道校↓
http://www.exepromo.jp/
フェリシアラボ↓
http://www.felicia-lab.jp
高橋和子

■【コラム目次】親の家片づけ・大人片づけのコツ・生前整理・遺品整理
■【コラム目次】12ヶ月片づけ・掃除手帖正月片づけ・花粉症対策・梅雨対策・衣替え・節電対策・クリスマス・年末片づけ・大掃除
■【コラム目次】エリア別片づけ上手の参考書…エリア別片づけ・リビング・クローゼット・物置部屋・キッチン・ファイリング等、片づけ上手になるコツ

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 2017年4月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Copyright © 2015 Felicia Lab All Rights Reserved.