トップへ戻る

◆得する生活情報!夏のお悩み汗を抑える方法

TOP > ライフハック > ◆得する生活情報!夏のお悩み汗を抑える方法
きれい収納コンサルの高橋和子です。
真夏の太陽がまぶしいですね。8月も半ばに入り
花火大会や夏祭りの催しが盛りだくさんです。
きれいな浴衣姿なのに…せっかくメイクしたのに…
汗でドロドロなんて経験がありませんか?
$片づけ上手になる!きれい収納コンサル 高橋和子の整理収納術

人間は、汗をかくことで体温調節して身体の機能を維持
しています。その上、デトックス効果や代謝アップの
メリットもあります。
でも、意図していないのにかいてしまう汗。しかも大量に
かいてしまった汗ほど困りものはありませんよね。
そこで今回は、汗をかいてしまった時に即汗を抑える方法を
ご紹介します。
1:体温の上昇を抑える部位を冷却する
首の後ろ・鎖骨・脇の下・手首の内側・太ももの付け根・
膝の後ろなど、太い血管が通っているところを冷やすと
体中に冷やされた血液が巡って、体温の上昇を防ぎますので、
汗がひきます。熱中症の時もこの部位を冷却します。
携帯用の保冷剤を使うと効果が早いのですが、持っていない時は
冷えたペットボトルや缶入り飲料を使って冷やせばOK
これなら、外出先でもできますね。
2:風にあたってクールダウン
扇風機の風にあたって、体に溜まった熱を冷まします。
体感温度は2℃下がるといわれていますが、出先で
扇風機もない場合は、自然の風と扇子や団扇の風を
利用しましょう
3:体の中からクールダウン
食物を食べると消化吸収され、肝臓でエネルギーに
変えられます。たんぱく質の場合は、糖質などに比べて約5倍も
多くの熱量を産生します。たんぱく質を多く含んだ肉類を
たくさん食べる人は汗をかきやすくなります
反対に炭水化物は、熱産生が少ないので、この時期
そうめんや蕎麦などの麺類が好まれるのもツルツルっとした
喉越し感だけではなく、体の中から欲しているからなんですね
体を冷やすクールベジタブルのきゅうり・ゴーヤ・トマトなどを
積極的に食べて暑い夏を健やかに乗り切りたいですね。

$片づけ上手になる!きれい収納コンサル 高橋和子の整理収納術

整理収納コンサルタントサービスのご依頼は
TEL 03-6760-2289
フェリシア ラボHP
「子どもを伸ばすお片付け」
「整理収納」
「アロマでエコお掃除」
などを講座でお伝えしています
ご依頼はこちらまで
TEL 03-6760-2289
フェリシア ラボHP
☆インフォメーション☆
朝日新聞運営協力サイト マイベストプロ東京に掲載中 
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Copyright © 2015 Felicia Lab All Rights Reserved.