トップへ戻る

内閣府 村木厚子さんの講演

TOP > ライフハック > 内閣府 村木厚子さんの講演
先日、ブログと読売新聞サイト「マイベストプロ東京」
コラムに「女性社長300人の交流会」と交流会で
内閣府 共生政策担当統括官の村木厚子さんの
講演のことを書きました
友人から村木さんの講演内容を
もう少し詳しく知りたいとのリクエストが
ありましたので新たにUPしました
村木厚子さんの講演では
「人生の大きな危機にあった時
どうするか?」を
テーマに本音トークで
時に笑いを交えて語られました
村木さんは、164日間も拘留されて
何で耐えられたのか?
「やってない」と言い続けられた要因を
①33年間仕事をしていて
仕事で出会った人達に助けられた
②ハードな仕事に慣れていて、夜10-11時までの
長時間の取り調べに体力的に耐えられた
③危機対応に慣れていた
④200%信じてくれる家族がいた
以上の4点をあげていました
①の出会った人達に助けられた事として
逮捕されると友人・知人がどんどん減って来ると
云われますが、村木さんの場合は
仕事で出会った人達に励まされ、助けられて
世話になった人がまた、世話をしてくれたと
これは村木さんのお人柄・人徳なのだと思います
④のご家族のことについて
娘達が大きな危機にあった時、ママもあの時
折れた。だから自分もやり通せないと
思わせたくなかったと語られました。
これからの娘達のためにも頑張れたとも
私が特に感じたのは、危機対応力の素晴らしさです
子育てを例にあげて、明日から海外出張なのに
子どもをみてくれる人がいない
こういった、細やかだけれど外せない危機を
何度も乗り越えてきたと語っていました
ハードな仕事を持ちながら、お二人のお嬢様を育てた
お母さんの横顔が垣間見えた瞬間でもありました
村木さんは、大きな危機が来た時に
今すぐにできること。後でもできることを分類して
書き出したそうです。
今考えても意味のないことは考えなかったとも。
だから「逮捕された。どうしよう」とは
思わなかったし
裁判に対して、今、何をしたら良いかを
考えたそうです
そうして思考の整理を冷静にしたわけですね
なんとメンタルの強い方なのでしょう!
分類は整理収納でも大切な事柄ですが
危機の時に、冷静に思考の分類ができるのか?
そう出来るように、自身を磨き鍛えなくては
と思いました
村木さんは、最後にまとめとして
「家庭と仕事と支えてくれる人がいた」
「人との関わりを大切にして行けば
大きな困難を乗り越えて行ける」と
語っていました
人の心に添える優しさって、大切ですね
そんな事を感じました。
村木さんは、楚々とした印象の方ですが
雪の重みに耐える、竹のようなしなやかで
強靭な精神力の方だと感嘆しました
講演から危機対応だけではなく生き方を
学ばせて頂き、感謝しております
☆インフォメーション☆
読売新聞 マイベストプロ東京に掲載中
http://mbp-tokyo.com/felicia-lab
整理収納・家事代行・おうちピカピカレッスン
http://www.felicia-lab.jp

人気ブログランキングワンクリック応援お願いします

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 2017年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Copyright © 2015 Felicia Lab All Rights Reserved.